« 第1話 「環境ファンド」 | トップページ | 第1話のおまけ 「環境ファンド」 »

2008年4月 9日 (水)

第2話 「エマージング・フロンティア」

4月8日付Global Pensionsの記事によると、格付け及びインデックス会社のS&P社が新しくアフリカ株式指数のシリーズを開発しました。同社の汎アフリカ指数には、ボツワナ、コートジボワール、エジプト、ガーナ、ケニア、モロッコ、南ア等々12市場が含まれているそうです。その中で更に小さな市場をアフリカ・フロンティア指数としています。しかし、世はエマージング市場ブームとは知っていましたが、ここまで来ると、BRICSやVISTAなんてカワイイものです。インデックス会社がカスタマイズではなく、汎用的な指数を作るのは、それなりにニーズが高いからでしょう。従って、世界的にこれからの市場、すなわちエマージングよりも更に小さく、成長の期待できる(?)エマージング・フロンティア株式に関心が移行していると思われます。しかし、私は恥ずかしながら、これらの国々に株式市場があることを知りませんでしたし、パフォーマンスも良かったとは気づきませんでした。一方で、運用対象もここまで来たかと、若干疑問にも思っています。皆さんはいかがでしょうか。。

« 第1話 「環境ファンド」 | トップページ | 第1話のおまけ 「環境ファンド」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/40830441

この記事へのトラックバック一覧です: 第2話 「エマージング・フロンティア」:

« 第1話 「環境ファンド」 | トップページ | 第1話のおまけ 「環境ファンド」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ