« 第6話 「音楽著作権への投資」 | トップページ | 第8話 「浪速おふくろファンド」 »

2008年4月15日 (火)

第7話 「森林ファンド」

昨日に続いて、やや珍しい投資の話です。4月11日付のGlobal Pensionsニュースによると、森林ファンド(直接的には木材)への投資ニーズが米国の年金基金で高まってきているとのことです。森林ファンドへの投資は、80年代から米国の年金では行われてきましたが、ここに来て更に注目されているとのことです。森林ファンドからは、非常に長期の投資対象で、インカム収入(これは主に木材を売ったときのキャッシュ)と値上がり益(これは切り株をそのまま残しておけばまた成長して、結局、森林や土地の価値が上がるというロジックらしい)が得られるます。過去、森林ファンドからは年率15%ぐらいのリターンが得られており、また、将来的にも、8%ぐらいのリターンが期待できると専門家は見ています。もちろん、災害のリスクなど、森林投資にもリスクはありますが、世は、”実物資産投資”ブームです。森林ファンドもその中の一つとして、非常に注目されてますし、リターンも高く、また、見方によっては環境という面でも”グリーン”をテーマとして注目されるでしょう。

こうした新商品が更に広がっていき、いつかは、個人でも投資できれば良いですね。。

« 第6話 「音楽著作権への投資」 | トップページ | 第8話 「浪速おふくろファンド」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/40890371

この記事へのトラックバック一覧です: 第7話 「森林ファンド」:

« 第6話 「音楽著作権への投資」 | トップページ | 第8話 「浪速おふくろファンド」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ