« 第80話 「General Motorの株価」 | トップページ | 第82話 週末版 「ETFでポートフォリオを作る Part2」 »

2008年6月28日 (土)

第81話 「ジム・ロジャースのご託宣」

6月28日付けのブルンバーグニュースによると、著名投資家であるジム・ロジャース氏が南京で講演し、「中国株は、50%下落したが、自分としては、再度買おうと考え始めている」と語ったそうです。加えて、いくつかの予想を語っており、「原油は、近々に誰かが大きな油田でも発見しないかぎり、まだ、上昇し続ける。ドル通貨は、持つな。米国株は、今後も下げる。米国は、第二次世界大戦以降、最悪のリセッションに入るかもしれない。」などと予想しています。う~ん、なかなか厳しい予想ですね。確かに、彼は、早くから原油や金の高騰を言い当てていたので、なんとなく説得力がありますが。しかし、これを前提として考えると今後増やすべき投資は、中国などの主要エマージング、コモディティとなって、減らすべき投資は、米国株、ドルということになりますね。また、彼は、サブプライムに端を発したモーゲージ危機も続くと予想してますので、金融株も減らすべき投資になります。これを忠実に守ると相当”いびつ”なポートフォリオになりそうですが、まさしく、世界経済が”いびつ”になってきてるになってきているからでしょう。今後の投資戦略を立てるは大変ですわ。

« 第80話 「General Motorの株価」 | トップページ | 第82話 週末版 「ETFでポートフォリオを作る Part2」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/41672375

この記事へのトラックバック一覧です: 第81話 「ジム・ロジャースのご託宣」:

» 中国株への投資を「断念する」べきではない。 [ジム・ロジャーズ情報ブログ]
 中国株はかなり低調になっていますが、強気の見通しに変わりはないようです。 6月28日(ブルームバーグ): ジム・ロジャーズ氏:中国株投資を断念するな-原油は一段と上昇へ  投資家ジム・ロジャーズ氏は28日、南京での投資家会合で、年初からほぼ50%下げた中国株への投資を「断念する」べきではないと語った。同氏は原油相場の1バレル当たり100ドルと金相場の1オンス当たり1000ドルの到達を2006年4月に正確に予想したことで有名。  ロジャーズ氏(65)は「他人が『絶対に再び... [続きを読む]

« 第80話 「General Motorの株価」 | トップページ | 第82話 週末版 「ETFでポートフォリオを作る Part2」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ