« 第88話 「持続的成長投資について」 | トップページ | 第90話 「次の株式投資の主体」 »

2008年7月 6日 (日)

第89話 週末版 「じぶん銀行」

本日の日経ヴェリタス。日曜日はここからネタ探しをするのですが、正直ぱっとしたものがありません。さすがに世界的な株価下落で記事にも元気がありません。その中で、15面にKDDIと三菱東京UFJが設立した「じぶん銀行」の記事が、社長の写真入りで紹介されていました(あまり大きくない記事ですが)。じぶん銀行は、ネット銀行なのですが、携帯電話(特に、au)でのサービスを意識した新しい銀行です。当面は、円預金と決済、そして近い将来外貨預金などの投資商品に広げていく予定とのことです。携帯銀行ですか、果たして世に受け入れられるビジネスモデルになるのでしょうか、興味があります。しかし、この銀行の収益源は、何なんでしょうね?セブン銀行は、他行からのATM使用に関する手数料が主な収益源になっています。これは、各行がATMの維持、管理のコストを見直すタイミングでしたから、これは当たりでした。ただ、ATMだけとは、自前の実体のあるインフラを持っている点から言えば、セブン銀行は、ネット銀行ではなく、店舗系銀行に近い存在です。一方、ネット銀行、例えば、ジャパンネット銀行、イーバンク、ソニー銀行などはどうでしょうか?特に、ジャパンネット銀行は近い存在のように思えますが、やはり、ネット上での決済、預金、そして、個人向けローンが主業務のようです。ソニー銀行は、外貨預金や住宅ローンまでネット上でできるサービスを展開していますが。じぶん銀行も、au携帯に係るカード事業を受けるみたいですが、なかなか核となる収益源が見当たりません。後発組みとして何を目指すのか興味があります。しかし、個人的には、外貨預金が伸びる余地は低いとは思いますが。ネットでやるぐらいの積極性がある人なら、FX取引に行きませんか?お年寄りに、携帯で、外貨預金やらせられますか?短い記事なので、詳細は分かりませんが、ちょっと、この銀行の戦略に説得力を感じませんでした。

« 第88話 「持続的成長投資について」 | トップページ | 第90話 「次の株式投資の主体」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/41751065

この記事へのトラックバック一覧です: 第89話 週末版 「じぶん銀行」:

« 第88話 「持続的成長投資について」 | トップページ | 第90話 「次の株式投資の主体」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ