« 第118話 「ご当地ファンド」 | トップページ | 第120話 「企業年金連合会(2)」 »

2008年8月 6日 (水)

第119話 「運用は、予想。それは、否定してはいけない」

8月5日付けのGlobal Pensionsによると、ニューヨーク州の退職年金基金の6月末での昨年度運用利回りがプラス2.56%だったそうです。これは、105話で取り上げたカリフォルニア州年金のマイナスと比べると非常に優秀な結果と言えるでしょう。PEで25%近いリターンを得るなど、オルタナティブでの運用結果が良かったことがプラスに働いたようです。こうして見ると、今まで、このブログで取り上げてきた勝利の方程式が見えてきます。まとめると、

1、最も重要なのは、ベータ・リスク。すなわち、どの資産クラスに投資しているかどうか。出来る限り、今後、勝ち組になりそうな資産を持っていないと、いくらバランス型運用でも儲からない。

2、アセットアローケーション。この決定に全精力を注ぐべし。アセットアロケーションさえ決まれば、後は、インデックス運用(パッシブ運用)で十分。タクティカルな運用戦略も一考。

こうしたことが、どこまで、優良なアドバイスを受けながら、実行できるかが問題です。少なくとも、今、本屋さんに並んでいる資産運用本を書いている人に、こうしたことがきちんとできる人は、いません。それが、残念です。

« 第118話 「ご当地ファンド」 | トップページ | 第120話 「企業年金連合会(2)」 »

投資一般」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/42090071

この記事へのトラックバック一覧です: 第119話 「運用は、予想。それは、否定してはいけない」:

« 第118話 「ご当地ファンド」 | トップページ | 第120話 「企業年金連合会(2)」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ