« 第120話 「企業年金連合会(2)」 | トップページ | 第122話 「アクティブ運用での超過収益」 »

2008年8月 8日 (金)

第121話 「米国商業用不動産は買い時か?」

8月7日付けのGlobal Pensionsによると、約108億ドル(1兆1千億円)の資産を持つアイダホ州公務員退職年金が、カリフォルニア・ビジネス・パークというオフィスビル郡を4千万ドル(40億円)を買収したそうです。カリフォルニアといえば、今回のサブプライムで不動産価格が大きく下落した地域の一つです。そこで、こうした比較的まとまった取引が成立したということは注目すべきことかもしれません。サブプライム問題で、住宅価格が低迷していますが、商業用不動産には、バリューが生まれてきたかもしれません。もちろん、相当、選別された物件だけでしょうが、あまりベアになりすぎると、後悔してしまう時期が近づいている可能性があります。こうなると、借入ではなく、お金を持っている人が強いので、一般投資家も海外の年金ファンドの動きには、注目していて下さい。このニュース、変化点かもしれません。

« 第120話 「企業年金連合会(2)」 | トップページ | 第122話 「アクティブ運用での超過収益」 »

投資一般」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/42108827

この記事へのトラックバック一覧です: 第121話 「米国商業用不動産は買い時か?」:

« 第120話 「企業年金連合会(2)」 | トップページ | 第122話 「アクティブ運用での超過収益」 »

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ