« 第124話 「UBS 崩壊の序曲」 | トップページ | 第126話 「株式相場に対する不安」 »

2008年8月12日 (火)

第125話 「UBS続報」

8月12日付けのブルンバーグニュースで、UBSの第2四半期決算が本日発表されたことを伝えています。昨日のブログで書いたように、やはり富裕層ビジネスでも投資銀行業務での評判の悪化を受け、資金流出となったようです。その結果、投資銀行部門と富裕層資産管理部門を分離することが正式に発表されました。一部アナリストは、今回の決定により、UBSが投資銀行業務を閉鎖する可能性が高まったと伝えています。最近は、株価やドルの回復で一時的な安堵の状態にありますが、こうしたニュースを見るたびに、まだまだ、バランスシート調整には時間がかかるなと思います。日本の金融危機と比較して考えることは、誰しも行っていますが、あまり物事を短縮版で考えすぎないことが重要です。今回は、メガトン級のショックが襲ったのですから、そう簡単に回復しません。一部で良い兆しも見えますが、当面、まだら模様でしょう。日本で起きたように。しかし、日本のUBS証券もこれから大変ですね。

« 第124話 「UBS 崩壊の序曲」 | トップページ | 第126話 「株式相場に対する不安」 »

投資一般」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/42150135

この記事へのトラックバック一覧です: 第125話 「UBS続報」:

« 第124話 「UBS 崩壊の序曲」 | トップページ | 第126話 「株式相場に対する不安」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ