« 第133話 「リーマンブラザーズは破綻するのか?」 | トップページ | 第135話 「運用業界、不況下での人材移籍」 »

2008年8月21日 (木)

第134話 「稀少金属取引で儲けるトレーダー」

8月20日付けのブルンバーグ・ニュースによると、英国に住むアンソニー・リップマン氏(51)は10年以上にわたって、インジウムやジスプロシウム、ストロンチウムなどの希少金属を取引する日々を送っているそうです。レニウムは、ジェットエンジンの燃費向上のために利用され、航空業界が石油コストの抑制を目指すなか、レニウム価格は過去3年間でほぼ8倍に高騰し、リップマン氏が経営するリップマン・ウォルトンの利益は3倍に拡大したそうです。2005年6月時点で1キロ当たり1,478ドルだったレニウム価格は、今年7月末時点で、11,100ドルまで上昇しているそうです(ちなみに、本日は、12,100ドルまで上昇しています)。このレニウムの90%以上はチリ、カザフスタン、米国で生産され、採掘には特別な装置が必要だそうで、同氏は、これらの装置の設置台数が増えない限り、レニウム価格が下落する可能性は低いとみています。う~ん、コモディティ投資も、こうしたマイナー金属にまで拡がっているとは知りませんでした。しかし、このレニウムのチャートは凄いです。一気に上昇しています。是非、ご興味がある方は、研究してみて下さい。詳しくは、マイナーメタルズドットコムを参照して下さい。もう、ここに行くしかないのか、運用は!http://www.minormetals.com/

« 第133話 「リーマンブラザーズは破綻するのか?」 | トップページ | 第135話 「運用業界、不況下での人材移籍」 »

投資一般」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/42234301

この記事へのトラックバック一覧です: 第134話 「稀少金属取引で儲けるトレーダー」:

« 第133話 「リーマンブラザーズは破綻するのか?」 | トップページ | 第135話 「運用業界、不況下での人材移籍」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ