« 第149話 「ストラテジストの予想」 | トップページ | 第151話 「リーマンブラザース最終話」 »

2008年9月 9日 (火)

第150話 「ETFの発展可能性」

9月8日付けのGlobal Pensionsによると、BGI(バークレーズ・グローバル・インベスターズ)が、ETF関連リサーチおよび投資戦略ヘッドとして、Deborah Fuhr(デボラ・ファー?)さんを採用したと報じています。デボラさんは、ETF業界では有名だそうで、かつてはモルガン・スタンレーで、ETF関連リサーチを行っていたそうです。BGIでは、彼らのETFのブランド名である"iShares"に関して、急速に成長していることに合わせて、顧客への情報発信を強化していく戦略のようです。記事によると、欧州、北米、豪州、ラテンアメリカ、中東でのビジネスに力点を置いているようです。しかし、悲しいことに日本は入っていません(アジアも)。日本でもETFに注目が集まりつつありますが、私が期待しているほどではありません。まだまだ使い勝手も悪く、種類も少ないからでしょうか?やはり、宣伝していないからでしょう。証券会社も、主にネット証券ぐらいで、他の証券がほとんど顧客に教えていないでしょう。そもそも、ETFでは証券会社も儲かりませんから。結局、ブラジル、インドなどの際物投信を多くだし、手数料稼ぎのビジネスを繰り返すだけに終始しています。しかし、これが顧客を殺しているということを誰も恐くて言えません。結局、顧客が長期運用や分散投資を自ら実践する際にしか、ETFはあまり使われません。市場は不安定な状況が続いており、金融不況から脱出するにはもう少し時間がかかりそうですが、こういうときこそ、ETFを盛り上げ、貯蓄から投資を促進させ、そして、将来的に、そうしたマネーを別のアクティブ運用商品に向けるといった中長期戦略を証券会社にも持ってもらいたいものです。短期的な”拝金主義”が通用する時代は終わりました。

« 第149話 「ストラテジストの予想」 | トップページ | 第151話 「リーマンブラザース最終話」 »

投資一般」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/42428172

この記事へのトラックバック一覧です: 第150話 「ETFの発展可能性」:

« 第149話 「ストラテジストの予想」 | トップページ | 第151話 「リーマンブラザース最終話」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ