« 第152話 「すいません、また、リーマン・ブラザースの話」 | トップページ | 第154話 「不動産市場の行方」 »

2008年9月12日 (金)

第153話 「あおぞら銀行は二度死ぬ」

9月12日付けのブルンバーグ・ニュースによると、あおぞら銀行は12日、2009年3月期通期の連結純利益について従来予想の262億円から150億円に下方修正すると発表しました。業績下方修正は今期2回目で、期初予想は440億円でした。また、155億円の黒字を見込んでいた中間期は出資先のGMACの損失前倒し処理により40億円の赤字に修正しています。しかし、この銀行を生きながらえさせた政府は、本当に罪深いと思います。りそな銀行などのリテール銀行と異なり、あおぞら銀行は、法人中心で、ある程度のセーフティネットを用意しておけば、潰れても問題なかったと思います。それが、ソフトバンクや外資系ファンドに転売され、そもそも明確な強みやビジネスモデルの明確でない銀行であったがために、こうした赤字続きとなっているわけです。現在、米国ではリーマンを政府が助けるかどうか話題となっていますが、本当に助けるべきかどうかの検討は十分になされないといけません。あおぞら銀行は、結局、二度死ぬ運命に突き進んでいると思います。

« 第152話 「すいません、また、リーマン・ブラザースの話」 | トップページ | 第154話 「不動産市場の行方」 »

投資一般」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/42455392

この記事へのトラックバック一覧です: 第153話 「あおぞら銀行は二度死ぬ」:

« 第152話 「すいません、また、リーマン・ブラザースの話」 | トップページ | 第154話 「不動産市場の行方」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ