« 第185話 「KYなAIG」 | トップページ | 第187話 「株暴落、円急騰」 »

2008年10月23日 (木)

第186話 「アルゼンチンによる国家的搾取」

10月22日付けのブルームバーグ・ニュースによると、アルゼンチンの野党議員らは、民間年金基金を国有化するフェルナンデス大統領の提案を議会で審議する過程で、国有化される年金資産290億ドルが国の債務返済に充てられるのを阻止する構えで対応すると報じています。大統領が年金資産を政府の財源に充てる意図があるのではないかとの観測を背景に、アルゼンチンの金融市場は混乱しました。年金基金国有化はアルゼンチンが過去10年で2度目となるデフォルトに陥る前兆との懸念が強まり、株価は1990年以降で最大の下げを記録し、ドル建て債券利回りは30%を突破しました。しかし、恐ろしい話です。国が、国の債務返済のために、民間で蓄えた年金を没収する、こんなことが通るのでしょうか。アイスランドもひどいですが、アルゼンチンは、国で詐欺的行為を行っている言っても過言ではありません。もう、こうなるとデフォルトは時間の問題でしょう。民間金融機関の体力がなくなり、大手企業もなくなり、そして、国家が破綻する。これらを埋め合わせるお金はどこにあるのでしょうか?正直言ってありません。すると、借金の棒引きしかないでしょう。グローバル徳政令の発令で、混乱収拾を狙う、しかし、それによって生じるのが、極端なグローバルな縮小均衡、そして、リセッション。う~ん、久しぶりに自分の中に、ベアの心が蘇ってしまいました。一晩寝て、冷静に戻るようにします。

« 第185話 「KYなAIG」 | トップページ | 第187話 「株暴落、円急騰」 »

投資一般」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/42884516

この記事へのトラックバック一覧です: 第186話 「アルゼンチンによる国家的搾取」:

« 第185話 「KYなAIG」 | トップページ | 第187話 「株暴落、円急騰」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ