« 第190話 「金融崩壊。しかし、株を買い始めるべき時」 | トップページ | 第192話 「ショートポジションが恐い」 »

2008年10月28日 (火)

第191話 「アイスランドに投資した人は、自己責任」

10月28日付けのブルームバーグ・ニュースによると、アイスランド中央銀行は28日、6ポイントの利上げを実施し、政策金利を12%から18%としました。IMFはアイスランド経済が来年、最大10%のマイナス成長になると予想しており、24日に達した合意により、IMFは約21億ドル(約1990億円)をアイスランドに融資することになっています。しかし、10%のマイナス成長とは、想像できない世界です。IMFとの合意の一環とはいえ、一気に6%の利上げもすごいことです。昨日は、カウプシン銀行のサムライ債のデフォルトで、地銀など損失を被ることになりそうなニュースが報じられていました。また、以前には、為替でアイスランド・クローナの暴落からFX取引する個人に大きな損失が出たことが報じられたこともありました。しかし、どちらも共通していますが、この損失は純粋に自己責任だと思います。この国の規模を考え、どういうカントリーリスクがあるかなど、今回の金融危機がなくても、常識的には判断できると考えます。欲で見えなかったのか、何も考えずに、格付け会社の格付けだけを無条件に信じたのか分かりませんが、意思決定した人の明らかなミスだと言わざるを得ません。投資は自己責任、すなわち、自分でもう少し頭を使いなさいと、言われているのです。

« 第190話 「金融崩壊。しかし、株を買い始めるべき時」 | トップページ | 第192話 「ショートポジションが恐い」 »

投資一般」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/42935522

この記事へのトラックバック一覧です: 第191話 「アイスランドに投資した人は、自己責任」:

« 第190話 「金融崩壊。しかし、株を買い始めるべき時」 | トップページ | 第192話 「ショートポジションが恐い」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ