« 第192話 「ショートポジションが恐い」 | トップページ | 第194話 「ダイナシティとマンション不況」 »

2008年10月30日 (木)

第193話 「追加経済対策」

10月30日付けの各紙において、麻生政権の追加経済対策の記事が掲載されています。そして、30日夕方には、総理大臣から発表がありました。総額5兆円の経済対策。うち2兆円は、定額給付金だそうです。1人あたり1.5万円、家族4人で6万円が現金または商品券で配布されるそうです。99年の地域振興券よりは使われやすいものかもしれません。特に、現金なら疑う余地もありません。クリスマス・プレゼント代として、12月10日ぐらいまでに配布すると良いかもしれません。しかし、実際に現金を配布するとなると、想像するだけでお役所の方は、頭を抱えるかもしれません。トラブル、ミス、事件、何だか大混乱の可能性もあります。かなり心配です。また、30日付けの日経新聞夕刊には、この対策に確定拠出年金での従業員のマッチング拠出が認められると書いてありましたが、実際の発表の中には見当たりませんでした。どこに消えてしまったのでしょうか?そういうリークが政治家からあったのでしょうか。しかし、確定拠出年金ビジネスに携わっている方には、完全なぬか喜びになってしまいました。確定拠出年金がもう一つ伸びない中、従業員拠出は期待されていましたから。残念です。しかし、こうしたことを評論する余裕が出てきました。月曜日に買い始めるときとブログを書いてから、2000円近く上昇しています。これからの下げは、”押し目”という表現に変わるでしょう。9月末に金融安定化法が下院で否決される前の状態に早く戻ることを期待しています。そして、その後、改めて、将来を考える必要があるでしょう。

« 第192話 「ショートポジションが恐い」 | トップページ | 第194話 「ダイナシティとマンション不況」 »

投資一般」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

確定拠出年金での従業員のマッチング拠出が認められると書いてありましたが、実際の発表の中には見当たりませんでした。どこに消えてしまったのでしょうか?⇒公表資料P.12にあります。

追加経済対策(生活対策)2兆円給付は地域振興券受給者を除外せよ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/42956396

この記事へのトラックバック一覧です: 第193話 「追加経済対策」:

« 第192話 「ショートポジションが恐い」 | トップページ | 第194話 「ダイナシティとマンション不況」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ