« 第227話 「5兆円の詐欺事件」 | トップページ | 第229話 「著名ストラテジストは間違う?」 »

2008年12月13日 (土)

第228話 「マドンナも被った金融混乱」

12月12日付けのブルームバーグ・ニュースによると、5カ月間で豪ドルが米ドルに対し31%下落し、公演の契約額がオーストラリアのプロモーターの手の届かない額に膨らんだ結果、マドンナはシドニーとメルボルンでのコンサートを見送ることになったそうです。国際的なアーティストへの支払いは90%余りが米ドル建てで、米ドルは世界ツアーの基軸通貨のように扱われているのが、原因のようです。他にも、交渉中だった歌手ニール・ダイヤモンドの公演も豪ドル安の影響で中止に追い込まれたということです。確かに、今回の金融混乱は、様々な業種に影響を与えてきました。エンタテーメント分野は最もコスト削減の影響を受ける一つです。その他にも、スポーツの分野などスポンサーを必要とするところも、相当厳しいものになるでしょう。景気後退は、水面を輪が広がっていくかの如く、伝わっている感じです。個人的予想としては、豪ドル相場の下落が終わったとは思えませんので、当分、オーストラリアで、有名アーチストを見ることはできないでしょう。DVDでお楽しみ下さい。

« 第227話 「5兆円の詐欺事件」 | トップページ | 第229話 「著名ストラテジストは間違う?」 »

投資一般」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/43406977

この記事へのトラックバック一覧です: 第228話 「マドンナも被った金融混乱」:

« 第227話 「5兆円の詐欺事件」 | トップページ | 第229話 「著名ストラテジストは間違う?」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ