« 第236話 「トヨタショックは、どこまで続く」 | トップページ | 第238話 「幕末を制するのは、中国と九州地方か?」 »

2008年12月27日 (土)

第237話 「スキーリゾートの憂鬱」

12月25日付けのブルームバーグニュースの特集記事によると、フランスのアルプス地方、シャモニー近郊のスキーリゾート地に別荘を保有するシェフ、ダン・モルガンさん(35)は、この別荘の売り値を引き下げざるを得なくなったそうです。モルガンさんは、アルプス最高峰のモンブランを望む屋外ジャグジー付きのこの物件を2001年当時の購入価格75万ユーロに対して、当初売値を13%下げて、150万ユーロ(約1億9000万円)にしました。少なくともここ6年間にわたり、英国人によるスキーリゾート物件の需要がアルプス地方の不動産価格を押し上げてきましたが、金融危機に加え、英ポンドが今年、ユーロに対し22%下落したことから買い控えが広がり、価格が落ち込んでいるそうです。同様なことは、日本でも起こっており、北海道のニセコは、オーストラリアドルの下落で、観光客数も不動産価格も落ちこんでいるそうです。しかし、地方経済には非常に大きな痛手です。地方にとって観光収入が絶えれば、死活問題です。また、リゾート不動産価格も国内の買い手が不足している中で海外の買い手に求めていたものを、それが途絶えれば、気配だけで下げ続ける恐怖の状況です。「私をスキーに連れてって」なんて映画が昔あった隆盛時期もありましたが、段々、若者の旅行離れが進む中、外人旅行者なくして成り立たないわけです。自動車産業と同じに若者離れが激しい業界は、構造不況業種と呼ばざるを得ません。

« 第236話 「トヨタショックは、どこまで続く」 | トップページ | 第238話 「幕末を制するのは、中国と九州地方か?」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/43543717

この記事へのトラックバック一覧です: 第237話 「スキーリゾートの憂鬱」:

« 第236話 「トヨタショックは、どこまで続く」 | トップページ | 第238話 「幕末を制するのは、中国と九州地方か?」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ