« 第243話 「かんぽの宿」 | トップページ | 第245話 「マドフ事件の続報」 »

2009年1月 8日 (木)

第244話 「BNPパリバのK氏」

1月7日付けのブルームバーグ・ニュースによると、BNPパリバ証券(東京支店)資本市場ソリ ューション(CMS)部責任者、川端エリック氏が退社する方向となったそうです。事情 に詳しい関係者2人が明らかにしました。CMS部をめぐっては昨年11月に金融庁が、 破たんした不動産会社アーバンコーポレイション発行の転換社債(CB)を引き 受けた際の情報開示が不適切だとして、東京支店に業務改善命令を出していました。この川端氏、ドイツ証券でも同じようなことをしていたそうです。そのたびに高額のボーナスを得て、転職を繰り返してきました。しかし、外資系の拝金主義もここまで来ると末路としか言い様がありません。もう、BNPパリバは終わったと言える断言できます。昨年以降、金融に求められているのは、モラルと透明性です。BNPパリバには両方ありません。そういう会社と付き合い企業は、もうありません。川端氏を追い出したから、幕引きではないでしょう。おそらく、この話は終わった話ではなく、続編がありえます。そうなると次は訴訟です。訴訟による賠償コストをパリバは負担する可能性があります。もうこんな話を聞きたくないというのが本音です。

« 第243話 「かんぽの宿」 | トップページ | 第245話 「マドフ事件の続報」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

銀行屋にモラルは発生しません。
今後も変わる事はありません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/43681478

この記事へのトラックバック一覧です: 第244話 「BNPパリバのK氏」:

« 第243話 「かんぽの宿」 | トップページ | 第245話 「マドフ事件の続報」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ