« 第252話 「金融危機再燃」 | トップページ | 第254話 「丑年の相場」 »

2009年1月22日 (木)

第253話 「J-REITは、買い」

本日は、記事の紹介ではありません。昨日、Presimaというカナダ ケベックの運用会社の方と会う機会がありました。同社は珍しく、上場REITのみを投資対象とする運用会社です。同社社長と話していると、同社のGlobal REITに対する投資ニーズが最近、海外(日本以外という意味です)で驚くほど高まっているそうです。上場REITは、その流動性のために、昨年の世界的流動性の枯渇の中、売られてしまいました。しかし、現在、実際の不動産価格に比べて、REIT価格が売られすぎの状態であり、不動産を買うぐらいなり、REITという機運が高まっているそうです。確かに、日本でも、親しい不動産屋と話していても、意外と不動産価格が下がっていないことに気づきます。一方で、J-REIT指数は、800台です。これは明らかに割安です。非常に短期間に同指数は1000の大台に戻すのではないかと考えます。悲観一色の中、そろそろ、こうした個別の材料に反応すべき時期と思います。

« 第252話 「金融危機再燃」 | トップページ | 第254話 「丑年の相場」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/43823230

この記事へのトラックバック一覧です: 第253話 「J-REITは、買い」:

« 第252話 「金融危機再燃」 | トップページ | 第254話 「丑年の相場」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ