« 第267話 「メリルによる駆け込み賞与払い」 | トップページ | 第269話 「401Kは年金ではない」 »

2009年2月13日 (金)

第268話 「AIGビルの売却」

アサヒ・コムのニュースによると、米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が東京・丸の内のAIGビル(地上15階、地下4階)の売却を決めたそうです。築後35年だが、皇居をのぞむ超一等地にあり、売却額は10億ドル(約900億円)程度を想定しています。売却益は米政府から受けた融資などの返済にあてるようです。しかし、AIGビルは、古いビルですが、皇居前で外資の象徴のようなビルの始まりだったような気がします。この辺りは、ビルの建て替え時期にあって、隣のJFE(昔の日本鋼管)ビルも取り壊されています。また、更にその隣のパレスホテルも近々、建て替え工事に入る予定です。AIGビルが誰の手に渡るのか分かりませんが、場合によっては再開発の対象になるかもしれません。すると、AIG、JFE、パレスホテルの一角は、全く新しいビルが立ち並ぶことになります。AIGという巨大破綻を忘れるには、そうした全く新しいビルもよいかもしれません。

« 第267話 「メリルによる駆け込み賞与払い」 | トップページ | 第269話 「401Kは年金ではない」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/44051132

この記事へのトラックバック一覧です: 第268話 「AIGビルの売却」:

« 第267話 「メリルによる駆け込み賞与払い」 | トップページ | 第269話 「401Kは年金ではない」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ