« 第307話 「リバランスの有効性」 | トップページ | 第309話 「音楽著作権への投資2」 »

2009年4月20日 (月)

第308話 「BGIの買収合戦か?」

4月20日付けのPensions & Investments誌によると、世界的な運用会社であるBGI(バークレーズ・グローバル・インベスターズ)に対して、ブラックロック、フィデリティやゴールドマンサックスが買収を検討しているかもしれないと報じています。BGIは、パッシブ運用などのクオンツ運用で有名な会社で、また、isharesと呼ばれるETFの部門が急速に成長しています。しかし、親会社であるバークレーズ銀行がこの金融危機により、このお宝のETFビジネスをプライベート・エクイティ・ファンドに売却すると発表したことから、分離せずにBGIのすべてを買収するという提案が出るのでないかと予想されているわけです。この場合、先に合意したファンドへのETFビジネスの売却話がご破算になるかもしれません。BGIの受託資産額を考えれば、ブラックロック等のライバル会社にとって非常に魅力的であります。この話、のんびりした話ではないので、この1ヶ月以内には、何かしら出るものと思います。世界的な運用会社の再編が急速に進むような、大きな波の始まりかもしれません。

« 第307話 「リバランスの有効性」 | トップページ | 第309話 「音楽著作権への投資2」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/44735554

この記事へのトラックバック一覧です: 第308話 「BGIの買収合戦か?」:

« 第307話 「リバランスの有効性」 | トップページ | 第309話 「音楽著作権への投資2」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ