« 第309話 「音楽著作権への投資2」 | トップページ | 第311話 「フィデリティの遺伝子」 »

2009年4月24日 (金)

第310話 「日本での金融ビジネスの採算性」

4月24日付けのブルームバーグ・ニュースによると、欧州の大手金融機関である英HSBCホールディングスは、日本の株式部門、株式調査部門を閉鎖し、調査部門に関しては、一部を香港へシフトさせる意向だと、HSBC証券東京支店の広報担当、ポール・アレン氏が24日朝、ブルームバーグ・ニュースの電話取材に対して答えたそうです。コアパシフィック山一インターナショナル(京華山一国際)のアナリスト、リー・ユクケイ氏は「HSBCグループが再び新興国市場の業務に集中することを意味している。先進国である日本の成長ポテンシャルはほとんどないため、彼らのビジネス戦略には適さない」との見方を示しました。このアナリストのコメントは、的を得ていると思います。日本での金融ビジネスの採算性は非常に悪化していると考えられます。もちろん、今に始まった話ではなく、ここ数年、ずっとあった話です。しかし、日本の機関投資家ビジネスの落ち込みをヘッジファンドが補っていたので、こうした日本株式ビジネスは成り立っていましたが、ヘッジファンドも衰退し、結局、儲けるネタがなくなってしまったわけです。加えて、賃料などのコストも、引き続き高いままですし、外人にとっては英語でビジネスのできない都合の悪い国であることは明白です。経済成長も、ビジネスも、金融の中核は、新興国へと向かい、日本の金融空洞化は益々進展するリスクが高まってきたと思われます。

« 第309話 「音楽著作権への投資2」 | トップページ | 第311話 「フィデリティの遺伝子」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
jnzksbM6

そうですか。HSBCは日本の株式部門から撤退ですか。今回のサブプライム毒薬を食らったからには本業回帰というのは正しい選択でしょう。しかし日本人としてはというより日本から離れられない我々一般庶民は年金運用を始めとしてますます運用に苦労することとなりますね。日本に投資部門がなくなるということは、日本株式への投資が減るということ、即ち国富が減少することですから。為政者は事の重大性を理解しているのか大変疑問です。赤字国債を使った選挙対策のばらまきをやる時間の余裕もないはずなのですけどね。どうなることやら、日本株式市場は。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/44778908

この記事へのトラックバック一覧です: 第310話 「日本での金融ビジネスの採算性」:

« 第309話 「音楽著作権への投資2」 | トップページ | 第311話 「フィデリティの遺伝子」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ