« 第329話 「ジョイントの破綻とオリックスの本性」 | トップページ | 第331話 「GM破綻と堅調な株式市場」 »

2009年5月31日 (日)

第330話 「ベンチマーク選びとアクティブ運用」

5月31日付け日経ヴェリタス18面に、マルキール・米プリンストン大教授のインタビュー記事が掲載されています。同教授は、インデックス運用の効用を実証的に説いている方で、このインタビューでも、市場指数を上回るアクティブ運用の難しさを指摘し、インデックス運用(パッシブ運用)の方が良いと主張されています。特に、市場が効率的な市場ほど、パッシブ運用が望ましいとしています。私自身、似たような考え方を持っていますので、この記事内容にどうのこうのコメントするつもりはございません。今回、気になったのは、その記事の中に、日経の記者が掲載した国内のアクティブ型投信の勝率を示している箇所です。掲載内容によると過去5年間の成績で、日経平均株価連動型投信の平均値を上回ったアクティブ型投信の比率は31.2%、TOPIX連動型投信の平均値を上回ったアクティブ型投信の比率は39.2%となっています。同じ日本株運用で、比較対象となる指数が異なると、どうして、8%も勝てるアクティブ運用投信が増えるのでしょうか?これは、あくまでも仮説ですが、TOPIXは時価加重平均値、日経平均は普通の平均値を使用しています。時価加重だと、時価総額の大きい株式の影響が大きいので、極端な話、大型株だけをカバーしていれば、指数に勝てる可能性が出てきます。一方、日経平均は、225銘柄ながら、平均値のために、225銘柄満遍なくカバーし、その比率を見ないと勝てません。すなわち、1000銘柄以上含まれるTOPIXよりも、日経平均の方が、指数の影響する要因が広いと考えられます。したがって、この差が出たのでは考えます。ベンチマーク対比で競争するファンドマネジャーと呼ばれるプロの方は、市場の効率性以上に、勝ちやすいベンチマークを選ぶことも重要であると考えます。

« 第329話 「ジョイントの破綻とオリックスの本性」 | トップページ | 第331話 「GM破綻と堅調な株式市場」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>日経平均は、225銘柄ながら、平均値のために、225銘柄満遍なくカバーし、その比率を見ないと勝てません。

「日経225は単純平均なので、値嵩株だけカバーしていれば、指数に勝てる可能性が出てきます」、という議論も成立しそうですが…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/45190023

この記事へのトラックバック一覧です: 第330話 「ベンチマーク選びとアクティブ運用」:

« 第329話 「ジョイントの破綻とオリックスの本性」 | トップページ | 第331話 「GM破綻と堅調な株式市場」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ