« 第339話 「J-REIT復活?」 | トップページ | 第341話 「もう一つのねずみ講事件」 »

2009年6月19日 (金)

第340話 「米国版金融商品取引法?」

6月18日付けのPensions & Investments誌によると、米国オバマ大統領が、FRBの機能強化と金融機関に対する規制強化を打ち出しましたが、資産運用会社にもこの規制強化の波が押し寄せるのではないかと考えられているとのことです。これは、Consumer Financial Protection Agencyと呼ばれる、非銀行セクターを規制する団体が設立され、投信などのビジネスもこの傘下で規制されるのではないかと懸念されているようです。こうした規制が多くなることで、不透明度が高まったり、規制のダブりなどが生じたりなど、問題点を指摘する声もあります。しかし、これを読むと、米国版金融商品取引法のような感じがします。ご存知のように、日本で、金融商品取引法が登場し、投信を売るには、多くの書面に判子を押してもらい、一人2時間ぐらい説明をしなければいけないなど、金融官製不況を起こした不評の法律です。米国でも、度重なるスキャンダルで、投資家保護や運用会社の規制の動きのようですから、同様なことが起きるかもしれません。新たな、金融セクターの重しとなることでしょう。

« 第339話 「J-REIT復活?」 | トップページ | 第341話 「もう一つのねずみ講事件」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/45391232

この記事へのトラックバック一覧です: 第340話 「米国版金融商品取引法?」:

« 第339話 「J-REIT復活?」 | トップページ | 第341話 「もう一つのねずみ講事件」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ