« 第356話 「野村から消えるリーマン社員」 | トップページ | 第358話 「FSAによる人材規制」 »

2009年7月30日 (木)

第357話 「モノライン再び」

7月28日付けのウォールストリートジャーナル等の各英字新聞は、モノライン保険会社であるアンバックの信用格付けが、S&Pによって、ジャンク債であるCCに格下げされたことを報じています。これにより、クレジット・デフォルト・スワップ市場でもモノラインに対するスプレッドが大幅に拡大しています。言い換えれば、もう倒産だと市場では認識されています。ちょうど2年前ぐらいにモノラインという言葉も日本で知られるようになりました。モノラインは、米国の地方債の保証の他に、証券化商品の保証も行い、それが命取りとなりました。一旦、支援の動きから静かな状態でしたが、ここにきて、新たな展開です。もう、倒産だと思います。そして、これにより、米国の各州は、資金調達が困難になり、また、既存のアンバックの債券保有者は、大きな損失を被ることとなります。今日も、株価は上昇していますが、足下で起きていることに、注意を向けることが必要と思いますが。

« 第356話 「野村から消えるリーマン社員」 | トップページ | 第358話 「FSAによる人材規制」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

アンバックにせよ、CITにせよ、債権市場の再度の激震を予感させる状況になっているのに、依然として株価はこの事態を注視せず、強気相場ということであまり関心を示していません。これら2社より巨大な「シティ」があるからこれらの存在が小さく見えるのかもしれません、というより鈍感になっていると思われます。でも必ず見直されるときが来れば、その時「シティ」はどうするんでしょうか。うがった見方をすれば「シティ」には処方箋がないため、問題にされると困るので、わざと見過ごしていのるかも。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/45787137

この記事へのトラックバック一覧です: 第357話 「モノライン再び」:

« 第356話 「野村から消えるリーマン社員」 | トップページ | 第358話 「FSAによる人材規制」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ