« 第359話 「TOPIX 13連騰」 | トップページ | 第361話 「VIX指数が示唆するもの」 »

2009年8月 8日 (土)

第360話 「伝説のファンド」

日興コーデュアル証券は、8月17日により、「日興SGレジェンド・イーグル・ファンド」の募集を開始します。当該ファンドは、米国の運用会社アンホールド&S.ブライシュローダー社のグローバル・バリュー・チームが行う新ファンドです。アンホールド社は、200年の歴史を誇るニューヨークに拠点を持つ運用会社です。かの有名な投資家、ジム・ロジャース氏も昔、この会社に勤務していました。運用手法は、「グレアム・ドット」流のバリュー株投資ですが、絶対リターンを重視し、現在のポートフォリオには、社債や金などにも投資します。代表ファンドである「ファースト・イーグル・グローバル・ファンド」は、過去30年間で3回しか、マイナスになったことがありません。こうしたファンドに非常に興味を覚えます。日本では、どうしても限定的な運用会社の商品にしかアクセスできません。しかし、世界には数多くの優秀な運用機関が存在します。それもヘッジファンドのような突然出現したというわけではなく、長く運用業界で戦ってきた運用会社です。もっと、もっと新しい運用会社を日本に紹介し、運用業界を刺激していけば、1500兆円の個人資産も動くのないでしょうか。いつもフィデリティ、モルガンスタンレーやJPモルガンで飽きてしまいます。

« 第359話 「TOPIX 13連騰」 | トップページ | 第361話 「VIX指数が示唆するもの」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日興SGレジェンド・イーグル・ファンドに大変興味を持ちます。情報提供ありがとうございます。世界にはポッと出の運用会社(ヘッジファンド等)だけではなく、運用方針が明確で長い歴史と実績のある運用会社があるはずと思っていました。日興もやるな。また日本の年金運用も新興国だけでなく、前金融庁長官の五味さんのいうように、こういう運用会社10社程度に1社100億円とか運用を任せてみるのも今後大切だと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/45868320

この記事へのトラックバック一覧です: 第360話 「伝説のファンド」:

« 第359話 「TOPIX 13連騰」 | トップページ | 第361話 「VIX指数が示唆するもの」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ