« 第363話 「ぼろ株相場」 | トップページ | 第365話 「公的年金運用で4兆円超の収益」 »

2009年8月24日 (月)

第364話 「バイナリーオプション」

8月23日付けの日経ヴェリタス51面に「個人向けデリバティブ広がる」という記事が掲載されています。これは、FXオンラインが提供しているバイナリーオプションが個人投資家に広がっているとの内容です。バイナリーオプションは、二者択一のオプション取引で、例えば、今日の引値で日経平均が1万円を超えるか、超えないかを当てるオプションです。こうした設定価格を超えると思えば買い、超えないと思えば売りとなり、結果がすぐ出ます。こうした安易さで、個人投資家の参加が増えているとのことです。もちろん、設定価格を変えて、売りと買いを組み合わせるなどの少し高度な投資を行っている人もいるそうです。このようにデリバティブ取引は個人投資家にとって、もはや目新しいものではありません。CFDなども急速に普及しています。しかし、同時に、投機色も強まっています。レバレッジや、すぐ結果を求めるものなど、投機性の高い商品は、個人投資家を惹きつけます。逆に、機関投資家が投機的取引を減らしていることを考えていると、デリバティブ市場での個人投資家の位置づけは、現物市場と同様に今度高まることが予想されます。しかし、個人的には、オプション取引でほとんど儲かったことがありません。センスが無いのか、勉強不足なのか。

« 第363話 「ぼろ株相場」 | トップページ | 第365話 「公的年金運用で4兆円超の収益」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/46020612

この記事へのトラックバック一覧です: 第364話 「バイナリーオプション」:

« 第363話 「ぼろ株相場」 | トップページ | 第365話 「公的年金運用で4兆円超の収益」 »

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ