« 第369話 「ダイエーに見る小売業の悲哀」 | トップページ | 第371話 「モラトリアム」 »

2009年9月14日 (月)

第370話 「SBJ銀行」

9月14日付新聞広告にSBJ銀行の開業と開業記念プレミアム定期預金が掲載されています。「5年もの年2.0%」なる表示が目立っていました。加えて、よく見ると、1000万円以上預金すると、この2.0%以上の金利(具体的な表示なし)が適用されるというものです。1年もの定期預金でも1.4%(300万円以上)と、1年前にいくつかのネット銀行が提示した高金利定期預金よりも、高い金利です。そして、預金保険機構に加入していますから、1000万円までは保証してもらえます。ネット銀行も、金利を下げてきていますし、久々の高金利かもしれません。しかし、SBJ銀行とは、正直、聞いたことがありませんでした。韓国の銀行である、シンハン銀行(新韓銀行)の頭文字だそうです。元々、外銀の支店として業務を行っていたのを、日本法人として、改めて開業したそうです。数年前のシティバンクと同じです。ウィキペディアによれば、韓国も最も成長著しい銀行だそうで、BNPパリバとも提携関係にあるそうです。変なところではなさそうなので、早速、資料請求しました。あいにくネット銀行ではないので、非常にアナログな対応が必要です。しかし、こうした比較的高金利預金を集めて、どのようなビジネスモデルなのでしょうか?「うちには、ノウハウがあります」とは、書いてありましたが、経済合理性が沿わないノウハウは早晩破綻してしまいますが。まあ、預金保険機構がありますから大丈夫ですか。おっと、これは、以前、私が非難したモラルハザードな考え。気をつけないと。

« 第369話 「ダイエーに見る小売業の悲哀」 | トップページ | 第371話 「モラトリアム」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/46212714

この記事へのトラックバック一覧です: 第370話 「SBJ銀行」:

« 第369話 「ダイエーに見る小売業の悲哀」 | トップページ | 第371話 「モラトリアム」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ