« 第370話 「SBJ銀行」 | トップページ | 第372話 「外債ETF」 »

2009年9月18日 (金)

第371話 「モラトリアム」

9月18日の日経ニュースによると、消費者金融大手、アイフルは18日、経営再建に向けて住友信託銀行やあおぞら銀行など銀行団に対し、債務の返済猶予などを求めると正式発表しました。債務総額は3000億円前後で、私的整理の一種である事業再生ADR(裁判外紛争解決)を活用し、店舗や人員削減を柱とした事業縮小など再建計画を作るそうです。一方、亀井金融担当大臣は、中小零細企業などに債務返済を3年間猶予する法案を検討するとコメントしています。もちろん、アイフルと亀井大臣の話は別物です。しかし、こうした債務返済猶予、モラトリアムが横行してしまう事態を想像できません。金融の秩序は乱れ、金融機関は益々、優良な企業にしか、資金を出さなくなるなどの悪循環や貸し渋りが広がるように思います。こうした国に信用などなくなるのではないでしょうか。現在、円高傾向にある為替ですが、円安に転じる可能性だってあります。藤井財務大臣が否定していますので、静かですが、要注意です。

« 第370話 「SBJ銀行」 | トップページ | 第372話 「外債ETF」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/46246952

この記事へのトラックバック一覧です: 第371話 「モラトリアム」:

« 第370話 「SBJ銀行」 | トップページ | 第372話 「外債ETF」 »

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ