« 第372話 「外債ETF」 | トップページ | 第374話 「実質金利と円高」 »

2009年9月24日 (木)

第373話 「野村HDの増資」

9月24日付けのブルームバーグ・ニュースによると野村ホールディングス(HD)は24日、国内外で最大8億株の新株式(普通株)を発行し、最大約5113億円を調達すると発表しました。これにより株式は約22%希薄化することになります。野村HDは3月の公募増資2700億円のほか、昨年12月にも劣後債と劣後型転換社債(CB)で総額4100億円を資金調達していますが、G20で自己資本強化の議論が出たことから、先手を打ったと見られています。確かに、これから、金融機関に対する自己資本規制が強化され、各社は、コアの自己資本比率、すなわち普通株での増資を余儀なくされます。国内メガバンク、そして、世界中の金融機関が追随することとなるでしょう。しかし、野村のケースで、22%の希薄化ですから、当然に、株価の下落要因となります。金融株は、モラトリアム法問題もありますが、全般的に低迷ぎみです。野村HDの株価も9月以降、冴えません。また、自己資本規制により、バランスシートでのリスク資産保有が制限されますので、経済活動に悪影響が及びます。総合的にみて、こうした増資合戦により、株式市場、経済、全般に、暗雲漂う予兆があります。

« 第372話 「外債ETF」 | トップページ | 第374話 「実質金利と円高」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/46301996

この記事へのトラックバック一覧です: 第373話 「野村HDの増資」:

« 第372話 「外債ETF」 | トップページ | 第374話 「実質金利と円高」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ