« 第378話 「JALと年金問題」 | トップページ | 第380話 「JAL再建問題。余談ですが」 »

2009年10月29日 (木)

第379話 「アウディ、好きな車なんだけど」

10月29日付けのブルームバーグ・ニュースによると、欧州最大の自動車メーカー、フォルックスワーゲン(VW)が29日発表した2009年1-9月期決算は、前年同期比82%減益となったそうです。新興国市場で売り上げが伸びたものの、「アウディ」と「セアト」両ブランドの販売台数の落ち込みが響きました。 発表資料によれば、純利益は6億5500万ユーロと、前年同期の37億ユーロから減少しましたが、売上高は前年同期比9.7%減の772億ユーロとなりました。このニュースに注目するのは、たぶんに個人的趣味です。20年前に英国に住んでいたときに購入したのが、中古のアウディでした。ドイツ社に対する漠然とした憧れとBMWまで届かないけど、でも、アウディまできましたという満足感を楽しめました。また、親族も、ヤナセに昔、勤めていたことがあり、ゴルフを営業協力で買った思いでがあります。世界的な自動車不況の中、VWは一体どうなるのでしょうか?ニュースによると、1-9月期の中国での販売台数は、同国の景気刺激策を追い風に37%増加し、ゴルフやポロを含む「フォルクスワーゲン(VW)」ブランドの世界販売台数は9月に23%増えたそうです。一方、アウディの1-9月期の販売台数は7.5%減少しましたが、中国では20%増加したそうです。こうなると、先進国では、どの自動車会社も減税などの刺激策無しでは売れないわけですから、新興国での殴りあいになりそうです。VWが、殴り合いに強そうには見えませんが、昔から、ドイツ車は、鉄板が厚い(すいません、全然、素人発言です)などと、うちの父親は気に入ってましたので、中国では意外とその点が受けるかもしれませんね。頑張れ、VW。

« 第378話 「JALと年金問題」 | トップページ | 第380話 「JAL再建問題。余談ですが」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

中国は党の関係先に行くとアウディがズラリですね。
特別なつながりがあるんでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/46616360

この記事へのトラックバック一覧です: 第379話 「アウディ、好きな車なんだけど」:

« 第378話 「JALと年金問題」 | トップページ | 第380話 「JAL再建問題。余談ですが」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ