« 第379話 「アウディ、好きな車なんだけど」 | トップページ | 第381話 「失業率と配偶者控除廃止」 »

2009年11月 1日 (日)

第380話 「JAL再建問題。余談ですが」

11月1日付け日経ヴェリタス14面に「日航再建、既存株主に痛みも」という記事が掲載されています。タスクフォースの資産査定によると実質債務超過ということですから、100%減資も理論上ありうるというこです。JAL再建問題は、チーム前原と呼ばれるJALタスクフォースから企業再生支援機構に委ねられました。結局、タスクフォースは何も結果を出さなかったなどと一部で批判もされています。もちろん、法的根拠があいまいなタスクフォースでしたから、仕方ないと言えばそうなんですが、割り切れないものもあります。ちょうど、昨日、夕方に銀座のスターバックスにいると、隣に30才ぐらいの独身男性3人が座りました。どうもこれからハロウィンパーティーという名の合コンに行くらしい。近況を話し合う3人のうち、どうも2名がJALの社員らしく、「タスクフォースの資産査定に協力して、結局、何もなし。高木さん(タスクフォースのヘッド)も怒っていたよ。この後、支援機構がまた独自の資産査定に入るから、また、一から協力しなければ、ならない。従業員のこうした時間も考慮してほしいよね。」と話していました。外でこんな話をしているのは、いかがなものか、という気持ちになりながら、聞き続けてしまいました。「俺たちも、年収カットされて、大変。世間でいう負け組なのかな。でも、自分達は、金よりも、これだけの大きな仕事に立ち向かっているわけだし、やりがいもあるよ」。最後に、良い発言を聞いたのでホッとしました。どういう支援を受けても、立ち直るには、従業員の努力が必要。若い世代で、是非、JALを再建してください。

« 第379話 「アウディ、好きな車なんだけど」 | トップページ | 第381話 「失業率と配偶者控除廃止」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/46641765

この記事へのトラックバック一覧です: 第380話 「JAL再建問題。余談ですが」:

« 第379話 「アウディ、好きな車なんだけど」 | トップページ | 第381話 「失業率と配偶者控除廃止」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ