« 第389話 「日本株からグローバル株へ」 | トップページ | 第391話 「2010年 為替見通し」 »

2009年12月27日 (日)

第390話 「ダウの犬」

12月25日付け日経ヴェリタスHPのスクランブルに「ダウの犬はよみがえるか」という記事が掲載されています。「ダウの犬」理論とは、ダウ工業株30種平均のうち、配当利回りの高い順に10銘柄を選んで年初に投資すると、年末まで1年間の平均値上がり率は残り20銘柄の平均を上回るというものです。この場合、Dog(犬)の意味は、値打ちのないもの、売れ残り商品の意味です。この投資手法は、08年、09年と失敗しています。金融銘柄やGM、GEなどの優良株が軒並み下落したためです。しかし、2010年の場合、金融銘柄がなくなり、ATT、ベライゾン、デュポン、クラフトフーズ、メルク、マクドナルド、シェブロン、ファイザー、ホームデポ、インテルがダウの犬銘柄に選ばれそうだということです。確かに、米国では配当利回りが投資指標として有効だと信じている人が多いことは事実です。プロの運用会社でも、配当割引モデルを使っているケースは、米国株運用に多いような印象があります。ある運用機関の資料でも、米国株から得られる投資収益率の半分は配当利回りで説明がつくというものを見たことがあります。そういう点からは、クラッシュから平常状態に近いところまで戻り、今後は、配当に注目が移るかもしれません。また、個別銘柄でも、通信、半導体、薬品・バイオなど、ITバブル崩壊時に売り込まれ、まだ、完全に戻っていない銘柄が含まれており、私の期待業種とも合致しており、来年は良いかもしれません。一方、日本はどうでしょうか?残念ながら配当利回りは、日本であまり重要な投資指標になっていないと考えられます。一方、企業業績を見ると、10-12月以降は、増益企業増えるでしょう。現状の株価は、高くもなく、安くもない適正という印象がありますが、今後は、来年度の業績回復を織り込んでいくので、意外と堅調に推移すると考えます。デフレは心配ですが、二桁ぐらいの株価上昇は2010年で期待できると思っています。素直に企業業績の回復度合いにリンクすると考えているので、その裏づけとなる数値が発表されれば、さらに確信は高まるとは思いますが。

« 第389話 「日本株からグローバル株へ」 | トップページ | 第391話 「2010年 為替見通し」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/47127934

この記事へのトラックバック一覧です: 第390話 「ダウの犬」:

« 第389話 「日本株からグローバル株へ」 | トップページ | 第391話 「2010年 為替見通し」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ