« 第395話 「ユニゾンのインサイダー問題」 | トップページ | 「世界のお金情報」再開します:第397話「サラリーマン大家さん」 »

2010年2月 8日 (月)

第396話 「サントリーとキリンの破談」

2月8日付けのブルームバーグ・ニュースによると、ビール国内首位のキリンホールディングスと同3位のサントリーホールディングスの経営統合交渉が8日、決裂したそうです。ビール世界一企業の結成を目指した交渉は半年余りで打ち切られました。キリンHDは東証で8日開示した資料で、公開会社を前提とした統合新会社の独立性・透明性でサントリーとの認識に相違があったと指摘しています。サントリーもで、統合比率を始めとしてキリンHDと見解が違っていたとしています。統合比率でサントリーは創業家の資産管理会社が統合新会社の3分の1超の株式を保有できる水準を望んでいたそうです。今回の話は、キリン側の言い分でいうと、公開会社としての透明性や独立性に問題があると述べています。もちろん、サントリー創業者に3分の1超の株式を保有されると、実質的な経営権を握られてしまうというのが、本音でしょう。しかし、そんなことは、最初から分かっていたのではないでしょうか。それでも、キリンは統合を検討したわけで、今更という感じです。そもそも公開会社だから透明性、独立性に問題がないと言えるでしょうか?このコメントは、株主だけを見た発言で、基本的に、ステークホールダーとしての、従業員、取引先、社会全般を意識した経営が必要なわけです。決して、公開、非公開が目安ではありません。サントリーの方が、創業者一族ということで、キリンよりも責任ある経営を行っていたかもしれません。また、統合の必要性という志も高かったかもしれません。公開企業は確かに面倒です。いっそのこと、統合後に非公開になってもよかったかもしれません(現実的かどうかは別にして)。とにかく、グローバル企業になかなか発展できない日本企業の典型パターンかもしれません。

« 第395話 「ユニゾンのインサイダー問題」 | トップページ | 「世界のお金情報」再開します:第397話「サラリーマン大家さん」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。サントリーとキリンの統合の話を聞いた時、いよいよ日本でも世界の潮流に習う企業ができると心ときめかしていました。日本企業の意識改革が進み、日本の株式市場の転換期だと思っていました。しかし結果をあけてみれば、この有様。なんともはや、所詮この程度なんでしょう。双方言い分もあるでしょうけど、同床異夢とも大同団結ともいうではないですか。日本企業の経営者には、早く大人になってもらいたいと強く思う。そうでないと、日本株式に投資しなくなるよ。

お久しぶりです。私も締め切りの仕事でていっぱいでした。サントリーとキリンの統合の話が出たときは「これで日本も本格的な国際企業が出来る」「国内市場から世界市場で戦う国内発世界企業の誕生か」と心ときめきましたが、結果はこのとおり。残念でならないと同時に、大同小異、とか、呉越同舟、とかの過去からの名言を両企業の経営者に学んで頂き、再度チャレンジして頂きたいと強く思いました。このままではいよいよ日本株式市場から逃避したくなります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/47516007

この記事へのトラックバック一覧です: 第396話 「サントリーとキリンの破談」:

« 第395話 「ユニゾンのインサイダー問題」 | トップページ | 「世界のお金情報」再開します:第397話「サラリーマン大家さん」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ