« 第408話 「J-REIT (2)」 | トップページ | 第410話 「エマージング債券投資」 »

2010年11月29日 (月)

第409話 「ETFビジネス」

29日付けのロイター・ニュースによると、国際投信投資顧問はVIX指数に連動する国内初のETF「国際のETF VIX短期先物指数」を12月15日に設定するとのことです。同20日に大阪証券取引所への上場を予定しています。同ファンドは、指数連動有価証券への投資を通じ、基準価額の変動率を円換算したS&P500 VIX短期先物指数(S&P 500 VIX Short─Term Futures Index Total Return)の変動率に一致させることを目指して運用されます。

これに先立って、野村證券がETFの専門部署を立ち上げ、ブラックロックから専門家を採用したとのニュースもありました。ETFは、国内系の野村アセットや三菱UFJ投信なども積極的に商品数を拡充していますし、外資系も海外のETFを国内で勧誘できるよう登録しており、選択肢が広がってきています。単に、内外株式、債券だけではなく、金、REIT、コモディティ、エマージング株、そして、デリバティブまで取引できることになります。海外では、ETFを用いて、ヘッジファンド的な絶対リターンを狙った運用を提供する運用者もいるようです。これを可能にしたのが、今回のVIX指数のようなデリバティブ商品や、株式ショートのETFなど、市場の上げ以外の収益機会を与えるETFが登場してきたからです。

ETFの良さは、コストの安さと流動性(流動性の乏しいものもありますが)です。ETFを使ったより多彩な運用手法、運用戦略をプロ、アマ問わず、登場してくれば、より貯蓄から投資が促されるのではないでしょうか。

« 第408話 「J-REIT (2)」 | トップページ | 第410話 「エマージング債券投資」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/50167875

この記事へのトラックバック一覧です: 第409話 「ETFビジネス」:

« 第408話 「J-REIT (2)」 | トップページ | 第410話 「エマージング債券投資」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ