« 第421話 「Twitterと株式投資」 | トップページ | 第423話 「カブドットコム証券の投信インターネット販売」 »

2010年12月29日 (水)

第422話 「年金担当者のモラル」

年金情報という専門誌があります。その最新号(ウェブ版)に、長野県建設業厚生年金基金に係る横領事件の記事が掲載されていました。まず、厚生年金基金について説明します。サラリーマンの皆さんは、国民年金と厚生年金という公的年金に入っています。それに加えて、働いている企業から独自の企業年金が上乗せされる場合があります。この制度、50年ぐらい前から始まったのですが、最初は、年金を始める企業を増やすために、何かインセンティブを与えようということで、公的年金である厚生年金の掛け金の一部を企業年金と一緒に合わせて運用できる制度にしました。これが厚生年金基金です。したがって、厚生年金基金は、国の年金と一部と企業年金を合わせて、企業側が運営するものです。厚生年金基金は、単独の企業で設立する場合、ある企業とその子会社等で設立する場合と、同業種の中小企業が集まって一緒に設立する場合があります。厚生年金基金は、企業とは別の組織として設立されます。

さて、今回問題となった長野県建設業厚生年金基金は、上記の分類では同業種の中小企業が集まって設立したケースです。組織自体は、非常に小さくて、通常は、常務理事と呼ばれる常勤の役員さん、事務長という実務責任者と、事務員で運営しています。しかし、年金資産の額は、通常、数百億円となり、この場合でも、200億円程度の資産があったそうです。正式な意思決定は、理事会や代議員会といった母体となる中小企業の代表者の参加する会で決定しますが、ほとんど、追認程度で、実権は、この常務理事や事務長が握っています。今回のケースでは、この常務理事を置いていなかったので、事務長のやりたい放題でした。そして、21億円もの大金が消えて、そして、この事務長も行方不明になっています。1割の資産がなくなったために、将来の年金を支払うことができるか、混沌としています。

しかし、21億円もの大金が誰のチェックも受けずに自由にできるとは、本当にずさんな体制だったことは言うまでもありません。また、年金の運用は、投資顧問会社や信託銀行に委託するのですが、この事務長、その運用機関の選定でも、賄賂を受け取っていたのではないかという疑いを持たれています。近々、警察の調査が入るでしょうが、この基金に採用されている投資顧問会社の担当者は、今頃、眠れない夜を過ごしているかもしれません。特に、最近は、過剰な接待を年金基金担当者に行う例をよく聞きます。キャバクラ、そして、*****(書けません)という、信じられない話です。従業員の大切な年金を使って、こうしたモラルに欠けたことが横行していることに憤りを感じます。

この事件をきっかけに、年金担当者と金融機関のもたれあいが改善されることを祈ります。

« 第421話 「Twitterと株式投資」 | トップページ | 第423話 「カブドットコム証券の投信インターネット販売」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/50434890

この記事へのトラックバック一覧です: 第422話 「年金担当者のモラル」:

« 第421話 「Twitterと株式投資」 | トップページ | 第423話 「カブドットコム証券の投信インターネット販売」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ