« 第428話 「定期預金金利の低下」 | トップページ | 第430話 「マンション価格指数」 »

2011年1月30日 (日)

第429話 「国債格下げと財政再建を考える」

1月30日付け日経ヴェリタスの70面に、「大江麻理子のモヤモヤ解~く」というコーナーがあります。テレビ東京の大江アナウンサーからの質問に回答するような内容になっています。私、大江アナウンサーのファンです。才色兼備で、モヤモヤさまーずやアドマチック天国などのバラエティもこなされるところが、すごいです。まあ、テレビ東京だからこそかもしれませんが。さて、今回の質問は、日本国債の格下げは大丈夫かというもので、結論は、①格付けは、あくまでも参考、②日本国債は、国内投資家の保有が大半、という理由で、問題ないというものです。正直言って、こういうように回答するのがマスコミ的に仕方ないですが、簡単に、「問題ない」などと言えません。事前に約束した元利金が確実に払える能力があるかどうかが問題であって、日本人が持っているから大丈夫とは、問題のすり替えです。基本的に、今の財政状況だと、格下げは当然だと思います。すなわち、確実に払える可能性は低くなっています。しかし、増税して、支払い能力は改善されるので、格付けが改善するかもしれません。しかし、そんな重税ニッポンに住みたいと思う人は少ないでしょう。財政再建のためには、増税や支出の削減も重要ですが、国債で集めた金利よりも高い利回りで運用することがより重要だと個人的には思っています。すなわち、高速道路の無料化ではなく、高速道路の有料化および昔よりも値上げするなど、受益者負担の徹底が求められるのでないでしょうか。公共のインフラをより効率的に活用し、十分な料金を徴収する。この流れができると、最近流行のインフラファンドへの案件も増え、投資資金を呼び込めます。政治家、官僚のみなさん、ご決断を。

« 第428話 「定期預金金利の低下」 | トップページ | 第430話 「マンション価格指数」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/50727062

この記事へのトラックバック一覧です: 第429話 「国債格下げと財政再建を考える」:

« 第428話 「定期預金金利の低下」 | トップページ | 第430話 「マンション価格指数」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ