« 第432話 「通貨選択型投信に潜む販売リスク」 | トップページ | 第434話 「年金とインフレ」 »

2011年2月27日 (日)

第433話 「高齢化、資産運用そして心」

2月27日付けの日経ヴェリタス62、63面に「先進国 老い止まらない」という特集記事が掲載されています。これは、「地図で読み解く」シリーズ第2回で、世界で加速する高齢化を取り上げたものです。先進国では2025年にも5人に1人が65歳以上になり、あの中国でも、20年後には6人に1人が高齢者になってしまいます。そして、その先頭を走る日本は、2030年に高齢化率が31%に到達します。2030年、遠い未来ではありません、すぐそこにある未来です。見渡せば、65歳以上の人ばかりとい社会です。これは、成長の制約条件になることは明らかです。低成長どころか、経済後退の可能性もあります。しかし、今更、その未来を変えることは困難でしょうから、財布と心を来るべき未来に対応させていくしかありません。まず、財布ですが、今後は、収入が減って、出費が増えます。国は増税路線、社会保障費は増加傾向、年金減額傾向、健保は破綻寸前、いくらでも、理由が挙げられます。すなわち、資産取り崩しの時代に入るわけです。資産取り崩しの時代では、リスクとリターンという2つの変数だけで資産運用方法を語るのは、不十分です。これからは、必要資産取り崩し額と取り崩し時期という2つの変数を足した4つの変数で資産運用方法を検討する必要があります。未だに、リスクとリターンをだけを語る評論家やFPがいたら、信じないようにしてください。また、これは日本人には得意な分野ですが、インカム重視の運用が重要です。債券(含む外債)、REIT、証券化商品などあります。ただし、前回取り上げた無理な毎月分配型投信は別です。株式投資を否定するわけではないですし、逆に実施すべきと思いますが、取り崩し額と時期を考慮した配分が重要になります。自然と組み入れ比率が下がることになります。金などは、インカムを生みませんので、株式等の資産と同等に扱う必要があります。株式でも高配当株式は、考慮に値します。金利と違って配当は事前に決まった額を見込めませんが、業態から常に高配当の企業と判断できますから、インカム確保には役立ちます。個人でも、ローンは面白いと思います。小額ローンを投資組合形式で提供する会社も出てきています。

最後に、心です。他人に偉そうなことを言える人間ではありませんが、あくまでも、個人としては、あまり長期的に考えず、短期指向で生きるような心境で生きようかと考えます。定義として、高齢者とは65歳となっていますが、実際、肉体的にも、曲がり角だと思います(個人差はありますが)。50歳の人ならあと15年、40歳でも25年。寿命は80歳までかもしれませんが、ここまでに、もう一花咲かせるぐらいの気持ちでいたいと考えます。心まで高齢化しないように気をつけたいと考えています。

« 第432話 「通貨選択型投信に潜む販売リスク」 | トップページ | 第434話 「年金とインフレ」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しておりました。お久し振りです。
日経ベリタスは1960年生まれの方を標準化しています。年代の近いものとして、身につまされる話です。従来から言われてきた日本の財政危機というより、破綻が世界から批判される時期がいよいよ目前となっています。竹中さんは3年といってますが(笑)。人数も少なく投票もいかない若者達、都市部と地方の投票格差が5倍でも違憲といわない公務員(最高裁)、いずれも逃げ切り世代に有利になるように社会が仕組まれている。赤字国債ばらまき、によって自助努力とか、他人に頼らない、という国家形成の基が人気取り政治の悪影響でなくなっている。刹那主義に走るという気持ちも全く同じで、今は走り始めています(残念ながら)。でも、最後に心という言葉を出したのはさすがです。心のかわりに、志、でもいい。今後が予想出来る人達だけでも、好奇心旺盛にやっていきたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/50982927

この記事へのトラックバック一覧です: 第433話 「高齢化、資産運用そして心」:

« 第432話 「通貨選択型投信に潜む販売リスク」 | トップページ | 第434話 「年金とインフレ」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ