« 第436話 「大地震の影響」 | トップページ | 第438話 「震災後の為替相場」 »

2011年3月27日 (日)

第437話 「外人が買えば株式市場は強いのか?」

福島原発の動向に一喜一憂する日々は続いていますが、市場は落ち着きを取り戻してきています。株式市場は、それなりに反発した後、もみ合っています。為替も81円前後で膠着状態です。下げすぎは、戻るというのは、過去、何度も経験してきたので、今回も同じことが起こったわけです。3月27日付けの日経ヴェリタスも、震災後の資産運用を話題としています。しかし、最近の株式市場のコメントで気になるのは、震災後の売買主体別動向で、国内が売って、外人投資家が買ったから、強気だというものです。もちろん、外人投資家が売買占有率は高いですから、非常に重要な投資家であることは事実です。しかし、今回のどういうお金が入ってきたかどうかは、不明です。少なくとも、長期的な投資家のお金が入ったとは思えないのですが。私は、仕事柄、海外の大きな投資顧問会社の運用を見ていますが、14日の週に大きく日本株を買ったという事実はありません。どちらかというと昨年後半の方が、日本株を買っていました。したがって、今回の世間の論調に同調できないでいます。私は、個人的には、株式市場に慎重になりつつあります。世界の株式市場指数に、MSCI Worldという指数があります。このドル建ての指数を見ると、2009年2月の大底から、2011年2月末までに約80%上昇しています。実は、1995年後半以降、この指数は、2回の天井(2000年と2007年)と底(2003年と2009年)を形成して、非常に大きなレンジを上下しています。今回の80%の戻りは、そのレンジの上限に近いところまで来ています。日本を除く先進国、新興国は、利上げ中ないしは利上げをしようとしています。世界の資金の流れは大きく変わろうとしています。そして、歪んだ資源高の流れなど、警戒すべき要因は多くなっています。市場が一時的に戻っているとすれば、リスク量の見直しを徐々に検討すべき時かと考えます。

« 第436話 「大地震の影響」 | トップページ | 第438話 「震災後の為替相場」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/51229194

この記事へのトラックバック一覧です: 第437話 「外人が買えば株式市場は強いのか?」:

« 第436話 「大地震の影響」 | トップページ | 第438話 「震災後の為替相場」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ