« 第455話 「新光 US-REITオープン(ゼウス)」 | トップページ | 第457話 「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド」 »

2011年6月26日 (日)

第456話 「ラサール・グローバルREIT(毎月分配)」

前回に続き、国際REIT型の投信です。できるだけ、最近注目されていそうな投信を選ぼうと考えていますが、資金流入上位には、REIT型ばかり。仕方ないと言えば、仕方ないですが。さて、この投信は、不動産投資で有名なラサール・インベストメントが運用し、日興アセットが投信設定会社となっています。ラサール社は、こうした上場投信よりも、実際の不動産に投資する私募型不動産ファンドの方が有名かもしれません。設定は、2004年3月で、2011年5月末での資産額6784億円と、これもリバイバル型の投信です。裏話をすれば、もともと、設定当時の日興証券の主力国際REIT型商品は、「日興・AMPグローバルREIT」でした。しかし、この商品は、あくまでも販売会社である日興証券主導の商品だったために、日興アセットが独自にラサールを探してきて設定したのがこのファンドです。しかし、当初は、販売会社が注力していたAMPのファンドの残高が売れていました。当初の資産額は、AMPのファンドが1000億円超、一方、ラサールのファンドは、1000億円未満という状況でした。しかし、今は、大逆転。AMPのファンドは、1400億円程度で横ばいです。ラサールファンドは、販売会社も分散されており、最近のREITブームに乗ったのでしょうか。分配金は、毎月70円で、また、基準価額は、5月末で4521円ですから、年率分配金利回りは、18%以上と、このファンドも相当無理な分配を行っています。ちなみに、報告書によると、当該ポートフォリオの利回りは、3.79%となっています。ラサールのグローバルREIT運用自体は、悪くはありません。2008年に大幅に悪化しましたが、それを除けば、ベンチマーク程度ないしはそれを上回るの運用成果となっています。特にこの2年間のパフォーマンスは非常に好調で、逆の動きをした前回紹介の新光US-REITを運用するインベスコ社と組み合わせることにより安定した運用結果になるように思います。評価ですが、運用は、「中の上」、スキームは、「中の下」で、総合は、「中」ということでしょうか。過去、100円の分配金の時期がありましたが、今の70円に下げた実績を考慮し、今後も下げる可能性を期待しています。将来、基準価額が、3000円台、2000円台になるのは見たくありません。

« 第455話 「新光 US-REITオープン(ゼウス)」 | トップページ | 第457話 「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/52046452

この記事へのトラックバック一覧です: 第456話 「ラサール・グローバルREIT(毎月分配)」:

« 第455話 「新光 US-REITオープン(ゼウス)」 | トップページ | 第457話 「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ