« 第460話 「フィデリティ・日本成長株ファンド」 | トップページ | 第462話 「脱 高分配金」 »

2011年7月31日 (日)

第461話 「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」

今回も、今流行の毎月分配、通貨選択ではありません。直販ファンドでは、さわかみ投信の次に頑張っているセゾン投信の看板ファンドです。セゾンは、セゾンカードの100%子会社で、セゾンカードの顧客向けに投信を販売しようと始めた会社です。ただ、聞くところによると、セゾンカードの顧客というよりも、一般顧客が問い合わせをしてきて投資を開始する方が多いようです。会社としては、「長期的な資本形成」という方針を掲げ、直販、ローコストの商品を投入しています。当該ファンドの純資産額は、6月末で約370億円と、非常に検討していると思います。当該ファンドは、バランス型ファンドで、世界の債券と株式に50:50で配分し、実際の運用は、ローコスト・パッシブ運用で有名な、米国バンガード社の投信を組み入れいます。実質的なコストは、0.74%程度で、かつ、購入時の手数料のないノーロード型です。セゾンの中野社長は、マネー雑誌や講演会にも登場し、長期資産形成の重要性を訴えるなど、その志は、素晴らしいと思います。

しかし、ファンドの評価となると異なります。まず、50:50というアセット・アロケーションですが、何か根拠となっているのでしょうか?資料等読みましたが、何も記述がありません。長期資本形成において、まず、アセットアロケーションの決定は非常に重要です。正解など、運用の世界にはありませんが、少なくとも、「私たちの考えは」、とか「こういう理論に基づくと」などの根拠示さないといけません。2つめに各資産内での地域配分です。6月末の実績配分から推察すると、株式は、MSCIオールカントリー・ワールド指数の時価総額配分に沿っているように見受けられます。一方、債券は、米国債、欧州債、円債を2:2:1のざっくり系で決めているようです。この「ざっくり」の決め方も根拠が示されていません。債券の位置づけは、リスク調整であれば、為替を含め、円債の比率はもっと高くて良いと思います。シティの債券指数と比較しても、10%強、円債が少なく、米国債が多くなっています。高い志があるわりに、理論的な裏付けのない、「ざっくり系」であることは残念です。

最後に、会社の存続可能性です。同社は、設立後、赤字を垂れ流しており、繰越損失も約8億円になっています。もちろん、親会社が当期利益170億円も出している会社ですから、安心している方も多いと思いますが、経営者として赤字を垂れ流す子会社を何年も放置しておくのでしょうか?日本の厳しい経済環境の中、そんな悠長な話が通るわけがありません。その点も、大いなる懸念です。

結局、志の高さを考慮しても、「中の下」という評価になるでしょう。

« 第460話 「フィデリティ・日本成長株ファンド」 | トップページ | 第462話 「脱 高分配金」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/52353844

この記事へのトラックバック一覧です: 第461話 「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」:

« 第460話 「フィデリティ・日本成長株ファンド」 | トップページ | 第462話 「脱 高分配金」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ