« 第468話 「インベスコ 店頭・成長株オープン」 | トップページ | 第470話 「日興レジェンド・イーグル・ファンド」 »

2011年9月25日 (日)

第469話 「ダイワ米国株ストラテジーα(通貨選択型):トリプルリターンズ」

最近、運用らしい運用の投信を取り上げたきたので、今回、久しぶりに飛び道具系を取り上げてみたいと思います。たまたま、大和証券のHPをみていたら、ちょうど先週金曜日(9月22日)が設定日である当該ファンドを見つけました。第一印象は、「毎月分配を出すために、また、やっちまったか」というネガティブな印象でした。簡単にこのファンドの概要です。

1、米国大型株に投資するファンド。銘柄選択は、ドイツ銀行の定量スクリーニングに基づき、それによって選定された40銘柄(これを定量スクリーニングモデルの名称から”クロッキー指数”とする)に投資する

2、毎月、このクロッキー指数に基づくコールオプション(1か月)を売却し、オプションプレミアムを得る

3、加えて、投信自体は、ブラジルレアルなど、いつも通貨選択型に仕上げる

これは、いわゆる”カバード・コール”戦略と言われるもので、有名なオプション戦略の一つです。現値よりも市場があまり上昇しないという前提で、現値よりもちょっと上の行使価格のコール・オプション(買う権利)を売ります。仮に、行使価格よりも上がってしまうと、オプションを行使されますが、裏では株式を保有していますから、チャラになります。一方、株価が現値近くで横ばいだったり、値下がりすれば、受け取ったオプション料(プレミアム)だけ、儲かるという仕組みです。

ポイントは、オプションの満期が1か月毎で、毎月、新たな行使価格で売りなおすということです。株式市場は、仮に上昇トレンドだとしても、上がったり、下がったりを繰り返し、連続して毎月上がらないだろうという想定に立てば、このカバード・コール戦略は中長期的に株式市場を上回る結果を出せるという考え方に基づいています。実際、米国のCBOE(オプション取引所)では、SP500のカバード・コール指数を発表していて(ティッカー:BMX)、8月末までの過去5年の実績では、年率1.5%程度カバード・コール指数がSP500を上回っています。ただ、月間勝率は約50%ですが。

従って、カバード・コール戦略自体は怪しい戦略ではありません。一方、ドイツ銀行のクロッキー・モデルでの銘柄戦略はどうなのでしょうか?実は、BNPパリバの投信で、日本株のクロッキー・カバード・コール戦略が2006年7月に設定されています。クロッキー指数自体のパフォーマンスはグラフでしか見れませんが、大体、2006年8月4日を100として、40台です。日経平均もほぼ同じぐらいですから、同じか若干良いぐらいでしょうか。基本的にバリュー的なスクリーニングのようですが、一方で、オプション料が高い、すなわち、変動性の高い銘柄を選定する傾向もあると聞いたこともあります。そもそも、2006年当時、配当が欲しい地銀などの金融機関に売られた商品ですが、その後、ある時期、パフォーマンスが悪化し、「クロッキーがグロッキーになった」と揶揄されたものでした。加えて、このオプション、上場オプションを売るわけではないでしょうから、店頭オプションの場合、実際、いくら抜かれているか分からないのです。

結局、総合すると、「中」という評価でしょうか。

しかし、相変わらず、通貨選択型を使っていますが、そろそろ曲がり角に来ているでしょう。ブラジルレアルなどは40円近辺まで値下がりしており、通貨選択型ファンドの基準価額は、軒並み暴落しています。市場の混乱は今後も続きそうなので、持っている人は、損切りでもいいので、出来るだけ早く保有残高を減らした方がいいと思います。

« 第468話 「インベスコ 店頭・成長株オープン」 | トップページ | 第470話 「日興レジェンド・イーグル・ファンド」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いつもブログ、楽しみにしています。
今日のファンドはオプションが絡んできて、少し複雑ですね。(私も含め)多くの人が「結局はようわからん!」となってしまいそうですね。

米国株式に投資しているのだけど、リターンを米国株式のキャピタルゲインに求めるのではなく、オプション料や高金利通貨に求める・・・ということでしょうか?

確かに分かりにくいですね。オプション料を最初に受け取って、分配金に回すという考え方です。REITや高配当株式のように、投信会社は何とか分配金に回せる収入が欲しいので、今度はオプションに目を付けたわけです。しかし、分かりにくいという感想は、もっともだと思います。だから、こんな商品を証券会社の店頭で説明できる人はいるのでしょうか?また、理解して買う個人はいるのでしょうか?問題ありです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/52826603

この記事へのトラックバック一覧です: 第469話 「ダイワ米国株ストラテジーα(通貨選択型):トリプルリターンズ」:

« 第468話 「インベスコ 店頭・成長株オープン」 | トップページ | 第470話 「日興レジェンド・イーグル・ファンド」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ