« 第479話 「グロソブ 2兆円割れ」 | トップページ | 第481話 「ジム・ロジャーズ講演会」 »

2011年11月20日 (日)

第480話 「コモンズ30ファンド」

毎週、取り上げるべき投信を探すのに、苦労します。全く、最近の投信市場は、通貨選択や分配型など、運用とは言えない仕組債のような投信ばかりになってしまいました。販売会社である証券会社も、そうした商品ばかり投入することが、自ら市場を壊し、顧客の資産を傷めていることに気付かないと、決算は悪化するばかりです。

その中で、個人投資家に長期投資を根ざすために、起業を行った投信信託会社がいくつかあります。たとえば、鎌倉投信やコモンズ投信。今日は、コモンズ投信のコモンズ30ファンドを取り上げます。ただし、これらのファンドは純資産額が10億円前後とまだ小さく、果たして、彼らが目指す運用が実際のファンドに反映されているのかどうか疑問でもあり、評価も難しくなります。

コモンズ投信の発起人は、澁澤健氏です。しかし、同氏の経歴を見る限り、投資銀行の債券やデリバティブのトレーディングが長く、株式アクティブ運用に精通しているとは言い難いと思います。実際の運用は、吉野永之助氏が中心のようです。吉野氏は、50年を超える経験を有する超ベテランです。以前は、米国系のキャピタル・インターナショナルで運用を担当してきました(一時、社長でもありました)。このキャピタルという会社、歴史ある有名なアクティブ運用会社です。しかし、同社は、運用の歴史の教科書を作るなら、栄光と没落の両方を味わった非常に典型的な会社として紹介されるでしょう。2000年前半まではパフォーマンス良好で、資産が急激に増加しましたが、その増加を無制限に許してきたことから、巨額の資金をうまく運用できなくなり、パフォーマンスが悪化。そして、資産はどんどん流出していったわけです。この影響は今でも続いており、キャピタルは一時代を終えた没落の象徴となっています。

そのキャピタルで中核であった吉野氏ですが、キャピタルの日本株運用のパフォーマンスは、中ぐらいといった結果です。ベンチマークに対しては若干上回っていますが、特段目立った数字でもありません。運用スタイルもコアという言えます。コモンズ30ファンドは、2009年1月に設定されていますが、当初残高も小さく、徐々にポートフォリオを構築していったでしょうから、正直、過去実績云々を語るには早すぎます。しかし、2010年1月以降を見ると、日経平均に対する上昇相場での平均月間超過収益は▲1%、下げ相場では+1%と、下げ相場に抵抗力のあるポートフォリオを構築している傾向が見受けられます。

ここの哲学は、「30年目線の長期投資」で、30年たっても継続して繁栄する会社(30銘柄)に集中投資するというものです。気持ち的には分かりますが、運用哲学としては、あまり充分ではありません。このブログでも、バリュー、小型銘柄が有効であることを何度も訴えてきました。運用哲学とは、「なぜ、その視点に注目すると、世間を上回る投資成果を挙げられるか」を語る必要があります。コモンズ投信は、非常に叙情的な哲学で、「義があっても、理がない」という印象です。私は、個人に長期投資を根付かせるためには、理と義の両面から明確にすることが重要だと考えています。そうした面から、当該ファンドに対する評価は、現時点では、「中」とします。

« 第479話 「グロソブ 2兆円割れ」 | トップページ | 第481話 「ジム・ロジャーズ講演会」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

年数だけは長い個人投資家です。コモンズ投信、たしかに立派なのですが、「義はあるが理はない」というご指摘に、全く賛成です。

「志の高さ」を喧伝しつつ様々な企画をされているものの、果たして運用会社として、きちんと調査をしているのか、といえば「対話しています」というだけ.... さらに、果たして今後、運用会社として経営が続いていくのか?ファンド残高は現在15億円、手数料が年1%としてコモンズの取り分は年1,500万円(=コモンズの売上)に過ぎません。社員さんが15名いるとして、これでは全く経営にならないのでは?と危惧します。

6億円以上集めた資本も、昨年3月末で2億円に目減り...。
http://www.commons30.jp/CMS-PLBS-0004.pdf
追加増資がないと今度の3月末では1億円前後にまで減ってしまうでしょう。30年後を語るのと同時に、人様のオカネを預かる会社として、足元の経営がどう続いていくのか?も明確にして欲しいところです。運用責任者の吉野氏の後継も心配です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/53289195

この記事へのトラックバック一覧です: 第480話 「コモンズ30ファンド」:

« 第479話 「グロソブ 2兆円割れ」 | トップページ | 第481話 「ジム・ロジャーズ講演会」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ