« 第489話 「毎月分配地獄」 | トップページ | 第491話 「リスクを抑えたETF」 »

2012年1月28日 (土)

第490話 「麒麟の翼」

本日公開の麒麟の翼。テレビドラマ「新参者」の劇場版。ある晩、青柳武明が腹部を刺されたまま歩いて、日本橋の麒麟像の下で、息絶えた。直後、有力な容疑者である八島冬樹はトラックにはねられ、死亡する。その後、容疑者の八島が青柳の工場で派遣切りにあったこと、その背景に労災逃れがあったことが分かり、逆に、被害者へのバッシングが起こるなど、事態は急変。しかし、真実には、被害者の長男が深くかかわっていた。

といった内容です。詳しくは是非映画をご覧ください。この映画の中のポイントが日本橋の麒麟像。本来、麒麟に翼は無いのですが、旅立ちのスタートである日本橋から飛び立っていくという意味合いから翼がついているとのことです。映画では、「原点に戻って、正直に物事に立ち向かっていく」ことの象徴としても使われています。27日に投信法改正の方向性が打ち出されました。ここでも何度も問題視した「毎月分配」と「通貨選択型」を規制する内容です。法律改正は早くて来年ですが、業界は今すぐに投資信託の商品性を見直すべきです。

日本の投信市場の問題点は誰もが分かっています。販売会社がすべて牛耳っていて、販売会社の意向に沿った商品だけ投信会社は考えてきたわけです。現在の20%を超える分配金利回りなど、みんな良くないと分かっているのです。しかし、販売会社に「利回りを下げると売れない」と言われると、下げるわけにはいかないのです。しかし、法律が変われば、その呪縛から解放されます。動機は良くないですが、結果は同じです。

投信会社は、「麒麟の翼」のように、原点に戻って、投資家の資産形成に資するより良い商品を作るようになってほしいものです。

« 第489話 「毎月分配地獄」 | トップページ | 第491話 「リスクを抑えたETF」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/53845943

この記事へのトラックバック一覧です: 第490話 「麒麟の翼」:

« 第489話 「毎月分配地獄」 | トップページ | 第491話 「リスクを抑えたETF」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ