« 第494話 「AIJ投資顧問」 | トップページ | 第496話 「総合型年金って何?」 »

2012年2月25日 (土)

第495話 「AIJ投資顧問 Part2」

1日経った今日の新聞にも本件に関する記事が掲載されています。前回のブログで、騙した方は一番悪いが、騙された年金基金側にも受託者責任があると書きました。それに関して、気になる記事が今朝の朝日新聞の朝刊にありました。AIJ投資顧問に資金運用を委託していた某厚生年金基金の担当者のインタビュー記事で、「AIJ投資顧問の浅川社長とは、年に数回飲みにいくなど、気さくな人で信頼できる人だと思った」と話しているのです。この話、話した本人はどういうつもりで話したか知りませんが、大きな問題を示しているのかもしれません。

もちろん、自腹で時々飲みにいくなら常識の範囲内で問題ないのですが、この浅川氏に関連する噂から推察するとそうではないのでは、すなわち、接待の疑いがあります。厚生年金基金は、公的年金である厚生年金の一部を国に代わって運用しているので、その担当者者は、たとえ民間人でも「みなし公務員」の扱いになります。従って、こうした接待を受けてはいけません。加えて、個人的な接待によって、便宜を図ったならば、まさしく、年金担当者として受託者責任を問われ、訴訟されるかもしれません。

加えて、このAIJの接待は、半端ではなかったとの業界内の噂があります。相当高額な夜の接待、ゴルフ接待、etc. ちょっと、今の時代に有り得ないものだったらしいです。もしも、過剰な接待で、運用先を委託していた事実があれば、大変な問題です。この点も、年金基金側は、自主的に調査し、問題となるような行為がなかったかどうか、はっきりして欲しいと思います。更に、金融業界関係者の中にも、同社長と夜の飲みやゴルフで親しくしていた人が多かったと聞きます。付き合う相手は選んだ方がいいですよ。

« 第494話 「AIJ投資顧問」 | トップページ | 第496話 「総合型年金って何?」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

外資系など法人資産運用業者の中には担当者へのリベートが
あるところもあるような話しを
昔小耳に挟んだ事があるのですが、実情はいかがでしょうか?

AIJからは頻繁に売りこみがありました。彼らはレベルの低い総合型基金をターゲットにしていたふしがあります。基金の常務理事は社会保険村出身者ばかりで、運用のことなど全く分かりません。天下りで無知だから横並びで適当にやっている理事が殆どです。運用経験者であれば、何か変だ、おかしいト思い資金委託はまず躊躇するでしょう。

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/54073822

この記事へのトラックバック一覧です: 第495話 「AIJ投資顧問 Part2」:

« 第494話 「AIJ投資顧問」 | トップページ | 第496話 「総合型年金って何?」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ