« 第496話 「総合型年金って何?」 | トップページ | 第498話 「運用会社の財務状況」 »

2012年3月 3日 (土)

第497話 「魔女狩り」

3月3日の新聞各紙に、AIJ問題で社保庁OBのコンサルタントが、同じく社保庁OBの先輩、後輩にAIJを紹介した疑いがあるとの記事が掲載されています。これは、前回、指摘した問題そのものです。この問題のコンサルタントは、I氏であろうと業界関係者内では容易に想像ができます。この方、ある総合型厚生年金基金の常務理事時代から、悪い意味で有名でした。ヘッジファンドのプロを自称していますが、成績が悪いと6か月で解約なんてこともあったと聞いています。その基金は、ヘッジファンドに過度に偏った投資を行っていましたが、この方が退任された後の後任の方が、全て見直して(厚生労働省の指導があったとの噂もありますが)、ヘッジファンド投資を整理したと聞いています。確かに、今回の被害を受けた基金に、その基金の名前はありませんでした。こういう危ない人物が暗躍することで、モラルを忘れた行き過ぎた行為が助長されたわけです。

さて、最近、年金基金の間では、第二のAIJがあるのではないか、先回りして疑わしい運用機関を解約する動きが出ているようです。特に、①情報開示が不十分な運用機関、②会社の経営陣がAIJと同じ金融機関出身者で構成されている運用機関、などがポイントのようです。それにほぼ該当する○○社では、数件解約が先週あったと聞きました。まさに、業界は、「魔女狩り」の状態です。これでは、日本の資産運用業は、縮小していく可能性があり、それは投資家にとっても不幸なことだと思います。心配です。

« 第496話 「総合型年金って何?」 | トップページ | 第498話 「運用会社の財務状況」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/54129087

この記事へのトラックバック一覧です: 第497話 「魔女狩り」:

« 第496話 「総合型年金って何?」 | トップページ | 第498話 「運用会社の財務状況」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ