« 第499話 「インサイダー問題とAIJ問題」 | トップページ | 第501話 「トリプルデッカー」 »

2012年3月24日 (土)

第500話 「エマージング市場は、売り」

株式市場は、世界的な金融緩和で、活況です。日本株も1万円を超えました。株は上がることは良いことで、資産効果が期待できます。しかし、以前にも書きましたが、これは過度な金融緩和が引き起こしている無理やり相場です。中長期で見ると、先進国の多くは、高齢化の進展で、デフレ・トレンドに入ってしまっています。そのトップが日本なわけですから。中長期デフレ・トレンドでは需要が盛り上がりませんから、足りない分をエマージング国の需要に頼る必要があります。これが、2000年台からの大きなトレンドです。しかし、いくらエマージング国でも、経済成長が永遠に続くわけではありません。あの中国でも昨年辺りから減速が顕著です。南米も同じで、金融緩和が進んでいます。株価も、あまりに将来の成長まで織り込んでしまいました。当面、先進国株式より、パフォーマンスが悪い状況が続くと考えます。先進国株とエマージング株の比率を見ると、90年代半ばにエマージング株の相対優位性がピークを打って、その後、調整したのち、昨年頭に、90年代と同等水準まで相対優位性がピークアウトしています。今後、長い調整局面に入るでしょう。株価とエマージング通貨の相関は高いですから、通貨も心配です。

結論、過去2~3年間、エマージングブームで、多くのエマージング株、通貨を組み入れた投信が出ましたが、その保有している分については、この春には処分した方が良いと考えます。仮に株式を持ち続けるなら、先進国の株式の方が魅力的であり、是非、乗り換えるべきと考えます。資産が減らないうちに。

« 第499話 「インサイダー問題とAIJ問題」 | トップページ | 第501話 「トリプルデッカー」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/54297099

この記事へのトラックバック一覧です: 第500話 「エマージング市場は、売り」:

« 第499話 「インサイダー問題とAIJ問題」 | トップページ | 第501話 「トリプルデッカー」 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ