« 結婚で将来形成 | トップページ | 家を買って資産形成 »

2013年8月31日 (土)

アマデウスアドバイザーズ

 8月30日証券取引等監視委員会は、投資一任会社の「アマデウスアドバイザーズ」に行政処分を行うよう勧告しました。同社は、年金基金と投資一任契約を締結し、同社が運用する投資事業組合に投資、そして、その投資事業組合は、同社社長の親族会社に投資し、4億82百万円のうち、4億2千万円を消失させてしまったということです。この話、昨年話題になったAIJ投資顧問と同じような構図です。AIJの場合、大損をしているのみ、儲かっているように偽って年金顧客からお金をだまし取ったことが一番注目されましたが、一方で、AIJの社長の関連会社にも投資を行っていて、お金はどこかに消えてしまっています。アマデウスアドバイザーズも同様のことを行ったわけです。AIJ以降の金融検査の強化により発見されました。
 しかし、どうしてこんな常識外の事件が起こってしまうのでしょうか。やはり、原因は、人です。アマデウスアドバイザーズの社長の地引(じびき)氏は、野村アセット、日興アセットの出身です。また、その他役員にも日興アセット出身者が名を連ねます。AIJも、野村証券出身者でした。そのほかにも、野村出身者の運用会社がAIJ問題以降、ぞくぞく行政処分を受けました。これは偶然ではありません。証券会社(または証券系運用会社)では、若い頃から「いかに客の資産からお金を搾取するか」しか教えません。それは昔の悪しき慣行ではなく、今もそうです。デリバティブを使った投資信託などは、何重にも手数料を取るための搾取スキームであり、そのスキームを考えると社内での評価が上がり、ボーナスが増え、出世できる人事評価体系になっています。したがって、証券出身者にとって、顧客からお金を搾取することは犯罪ではなく、知恵だとずっと会社から教え込まれているのです。だから、こうした事件がなくならないのです。
 このブログは、将来的な資産形成を真剣に考えようとするものですが、どんなに大手であろうが、証券会社(ネット証券を除く)や証券系運用会社と取引していては、資産形成などできません。NISAなど積極的に勧誘が始まっていますが、間違っても、野村、日興、大和などの大手証券で口座を開設するのは止めましょう。最後に、騙された年金基金もひどいとしか言いようがありません。おそらく、飲食で丸め込まれたかもしれませんが、少しは人も見て、年金担当者を決めないと、安心した年金運営など期待できません。週末なのに腹立たしいニュースでした。
 
 

« 結婚で将来形成 | トップページ | 家を買って資産形成 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/58100302

この記事へのトラックバック一覧です: アマデウスアドバイザーズ:

« 結婚で将来形成 | トップページ | 家を買って資産形成 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ