« 家を買って資産形成 | トップページ

2013年9月 8日 (日)

東京オリンピック

 2020年のオリンピック開催地が東京に決定しました。日曜日のTVは、オリンピック一色です。経済面でもアベノミックスからアベノリンピックという言葉に置き換え、期待を盛り上げています。日経平均、3万8千円という人も出てきました。ただ、ちょっと浮かれすぎですね。期待が高まるとバリュエーションを無視して株価を語る人が出てくるものですが、そういう人の話は無視した方が良いです。今の時代、マクロで良くなるという人の話は嘘っぽいです。一方、マクロレベルでだめでも、ミクロでは良い話が無いわけではありません。特に、東京オリンピック関連銘柄と言われるものは、押し目では購入したいものです。それから、不動産、特に山手線内と豊洲と晴海のウォーターフロントです。今回のオリンピックのテーマは、「コンパクト」です。すなわち、非常に局所的な地域に恩恵があるというわけです。従って、この2地域の不動産は、今後も安定的に上昇する可能性があります。不動産は、株価ほど反応していませんので、今から買っても間に合います。是非、ご検討ください。

« 家を買って資産形成 | トップページ

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512329/58152111

この記事へのトラックバック一覧です: 東京オリンピック:

« 家を買って資産形成 | トップページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ